【きつい】新聞配達が割に合わないと感じたときにするべき5つの行動

「新聞配達って働いている割には給料が安い」

「新聞配達よりも楽に稼げる仕事はあるのかな?」

と思うことはありませんか?

新聞配達を頑張っているけど、仕事内容を給料が見合っていないと感じてしまいますよね。

では新聞配達の実態はどのようになっているのでしょうか?

そこで今回は

記事の内容
  • 新聞配達が割に合わない3つの理由
  • 新聞配達がきついと思ったらするべき5つの行動
  • 忘れちゃいけない新聞配達のメリット

について詳しく解説します。

この記事を読めば新聞配達の業務の実態についてわかり、新聞配達を継続するかどうかの選択をできるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

✓新聞配達と掛け持ちできます

コールシェアなら自宅で空いた時間に高収入を得ることができます。
外出しなくてもいいので、とっても楽ちん♪

スマホ1台あれば、誰でも簡単に始められます。
下記のボタンから公式サイトをチェックしてみてくださいね。

スキル不要!急な休みもOK /

完全無料!Wワークに最適

目次

新聞配達が割に合わない3つの理由

新聞配達は毎日休みなく働く仕事なので大変なお仕事です。

しかし、新聞の購読者は毎日新聞が届くのを楽しみに待っているので、新聞配達のお仕事は欠かせません。

そんな新聞配達ですが、割に合わないと感じている配達員さんが多いのも事実です。

新聞配達が割に合わないのは主に3つの理由が挙げられます。

  • 休みがほとんどない
  • 朝早すぎて体がつらい
  • 思ったよりも時給が低い

実際に新聞配達をして数ヶ月経つと、こんなに働いているのでなぜ?と思ってしまうこともあるのです。

具体的な理由を以下で説明します。

休みがほとんどない

新聞配達は基本的に休みはほどんどありません。

新聞休刊日は月に1回しか無いためです。

新聞に休みがないので、雨の日でも吹雪の日でも関係なく仕事をしなければいけません。

休みなく仕事をするので割に合わないと感じるのです。

早朝すぎて体がつらい

当たり前ですが、新聞配達は朝早いです。

出勤時間は新聞販売店にもよりますが、一般的に3時くらいでしょう。

3時に出勤するので2時半には起きて準備をする必要があります。

前日に早く寝るか、よほどのショートスリーパーじゃないと体力的にきついと感じてしまいます。

思ったよりも時給が低い

新聞配達をしていて、思ったよりも時給が低いと感じてしまうこともあります。

新聞配達の時給は1,000〜1,500円ほどですが、新聞販売店によっては日給制を取っていたり、歩合制にしていることがあるからです。

配達の部数や配達エリアの関係で、労働時間が長いのに手取りが少ない場合があるのです。

時給に換算すると700円くらいになってしまう人もいるのです。

新聞配達がきついと思ったらすべき5つの行動

新聞配達は過酷な仕事であることに違いはありません。

一人で仕事をするのが好きな人や、早起きが得意な人はあまり苦に感じないでしょう。

しかし、多くの人は新聞配達がきついと感じているに違いありません。

ここでは新聞配達がきついと思ったときにすべき5つの行動について紹介します。

  • 部数や配達エリアを変更してもらう
  • シフトの回数を減らしてもらう
  • ほかの新聞店を探す
  • ほかのアルバイトを探す
  • 内職できる仕事を探す

新聞配達は楽な仕事ではありません。

長く続けようと思っているなら、無理のないように新聞販売店に相談するのが得策です。

それでも難しいと感じているなら、ほかの収入源を探しましょう。

下記でひとつずつ説明していきます。

部数や配達エリアを変更してもらう

新聞配達がきついと感じているなら、まずは新聞の部数を調節してもらったり、配達エリアの変更ができないか確認してみましょう。

新聞の部数は直接配達時間や収入に直結します。自分がどのくらいなら頑張れるかの目安を考えて伝えてみましょう。

配達エリアの変更も効果的です。マンションの密集地帯の方が好きなら配達エリアが狭くても部数はそれほど減りません。逆に集合住宅がきついと感じているなら、一戸建てが多いエリアに変更してもらえないか確認してみましょう。

同じ新聞配達でも、エリアが違うと楽に感じる場合もあるのです。

シフトの回数を減らしてもらう

毎日新聞配達をするのがきついと感じているなら、シフトの回数を減らしてもらいましょう。

休まずに働いていると肉体的にも精神的にも疲労がたまり、何でこんなに頑張っているんだろう?と脱力感を感じてしまうからです。

仕事を頑張るためには休みも必要と割り切ることも大事です。

シフトの調整で週に1〜2回休みをもらえないか、新聞販売店に聞いてみるのもよいでしょう。

ほかの新聞店を探す

新聞配達がきついけど辞めたくないと思っているひとは、ほかの新聞販売店の募集がないか確認してみましょう。

地元でA新聞を配達しているなら、B新聞の販売店に勤めることで給与面での待遇がかわる可能性があります。

都会であれば、同じA新聞でも地域を変えて違う新聞販売店に勤務することもできるでしょう。基本的に各販売店が独自に配達員を採用しています。そのため、同じ新聞を扱っていても給料が違う場合があるのです。

今の新聞販売店がきつくて割に合わないと思うなら、ほかの新聞販売店の求人もチェックしてみましょう。

ほかのアルバイトを探す

新聞配達がきついと感じているなら、ほかのアルバイトも視野にいれてみましょう。

新聞配達は時間的にWワークしやすいメリットはありますが、収入源は新聞配達だけではありません。

例えば早朝の仕事なら、以下のようなものもあります。

  • 荷物のピッキング作業(品出し)
  • コンビニの店員
  • 清掃のお仕事
  • 惣菜やお弁当の仕込み

このように早朝のお仕事も探すと色々あるのです。

未経験でも可としている企業もあるので、探してみてはいかがでしょうか。

内職(在宅ワーク)の仕事を探す

新聞配達は天気が悪くてもしなければいけないので、きついと感じてしまうでしょう。

そのようなひとは、家でできる内職や在宅ワークがおすすめです。

コロナが流行ってから、在宅ワークやリモートワークといった働き方がより一層浸透しました。

資格を持っていなくてもできる仕事はたくさんあります。

  • WEBライター
  • 絵を書く仕事
  • 翻訳の仕事
  • 動画編集
  • シール貼り
  • 文字起こし

このように仕事は無数に存在します。

クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトを活用するとたくさん検索できます。

無料で登録できるので、自分にあった仕事が見つかればそちらに力を注いでみてはいかかでしょうか?

大変だけどやりがいもある!新聞配達の6つのメリット

新聞配達はきつくて割に合わないと思われがちですが、メリットがあることも忘れてはいけません。

ここでは、新聞配達のメリットについて6つ紹介します。

  1. 早寝早起きで健康的
  2. 軽い運動になる
  3. 購読者に感謝される
  4. 勤務時間が短い
  5. 自分のペースで仕事ができる
  6. 根性がつき精神的に強くなる

良いことにも目を向けると、割りに合わないという気分が少し軽くなるでしょう。

それでは下記で細かくみていきます。

早寝早起きで健康的

新聞配達は早寝早起きをするためとても健康的に過ごせます。

朝刊の配達は2時半〜3時起きの人がおおく、6時間睡眠をとるとしたら21時ころには寝かければいけません。

また、翌朝に寝坊したら困るのでお酒もたくさん飲むことはできないでしょう。

新聞配達は早寝早起きに加えて飲酒量も減るためかなり健康的に過ごせます。

軽い運動になる

新聞配達は自転車やバイクでおこなうことが多いですが、それでも軽い運動になります。

バイクや車から降りてポストに入れるまでの距離をあるいたり、マンションの階段の上り下りなどがあります。

さらに新聞は100部くらいあると相当な重さなのでそれを持ち運びする際にも結構な筋力を使うのです。

普通に生活していると、運動をする機会がほとんどないため、中高年で運動不足やメタボ対策をしたい人には新聞配達はおすすめです。

購読者に感謝される

新聞配達をしていると、新聞購読者にとても感謝される場合があります。

新聞が大好きな購読者は、毎朝同じ時間に新聞を読むのを楽しみに待っています。

・毎日ご苦労さま
・いつもありがとう

このような言葉をかけてくれたり、感謝のお手紙をもらうこともあるのです。

新聞の購読者は、どんなに天気が悪い日でもいつも同じ時間に配達してくれる新聞配達員にすごく感謝しています。

勤務時間が短い

新聞配達は勤務時間がそれほど長くないので、時間を有効活用できるメリットがあります。

朝刊なら3時間程度、夕刊なら2時間くらいの勤務時間です。

長時間集中力が続かない人にとては魅力的でしょう。

勤務時間はさほど長くないので、割り切って働くことも可能です。

自分のペースで仕事ができる

新聞配達は自分のペースで働けるのでとても気が楽です。

一度配達ルートを覚えてしまえば、誰にも指図されずに黙々と仕事ができます。

配達ミスさえしなければ、誰にも文句を言われないので自分なりのやり方で仕事ができるのです。

人間関係に疲れたひとなどは、新聞配達など一人でできる仕事はおすすめです。

根性がつき精神的に強くなる

新聞配達をするを根性がつき精神的にもたくましくなります。

どんなにきつくても毎日早起きして、天気が悪い日でも新聞配達を続けたら根性がつかないわけがありません

今日は休みたいなぁ、新聞配達に行きたくないなぁと思う日でも、自分の気持をコントロールしてしっかり出勤を続けられる人はどの会社で働いても通用するでしょう。

新聞配達は、自分の心を鍛えるためにもとても素晴らしい仕事なのです。

新聞配達がきつくてもバックレはNG!

新聞配達をしていて、あまりにも「辞めます」とは言えなくてバックレようと考えてしまいますよね。

しかし、新聞配達がどんなに厳しくてもバックレる(無断欠勤)は絶対にやめましょう。

その理由は4つあります。

  • 社会的信用を失う
  • 新販売店から何度も電話がかかってくる
  • 両親に電話がいく
  • 警察に捜索願を出される

このように、新聞配達をバックレして良いことはありません。

どうしても新聞配達に行きたくないなら、しっかりと辞めますと申し出るか、自分で辞めると伝えられない場合は退職代行を利用してみるのもひとつの方法です。

退職代行なら3万円弱でスムーズに会社を辞められるので、今すぐにで辞めたい人は相談してみましょう。

まとめ:新聞配達が割に合わないと感じるならほかの選択肢も視野に入れよう

新聞配達は早朝からの仕事で大変なので割に合わないという人もいるでしょう。

しかし、考え方によっては短時間でほかの仕事とダブルワークができるし、誰とも関わらない仕事なので気が楽というメリットもあります。

とは言え、向き不向きはあるので、新聞配達がどうしてもきついと感じているならほかの選択肢も視野に入れておきましょう。

今回の記事のまとめは以下のとおりです。

  • 新聞配達は時給換算すると低い場合がある
  • 勤務回数を減らして精神的な余裕を作る
  • 勤務する新聞販売店を変える方法もある
  • 向いていないと感じるならほかの仕事をさがす

新聞配達は割に合わないと感じることもありますが、メリットも多い仕事です。

もう一度じっくり考えて、今後どうするのかを決めてみましょう。

辞めたいけど辞められない場合は退職代行というサービスもおすすめなので利用してみてください。

この記事が新聞配達で困っている方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

実家は新聞販売店。中学時代から部活もやらずに朝刊と夕刊の新聞配達のお手伝いをして過ごしていました。新聞配達の「楽しさ」や「つらさ」を存分に味わってきました。新聞配達で悩んでいる人のために役に立つ情報発信しています。

目次