新聞配達を即日で辞めるは可能?退職するときの3つのポイントとおすすめの理由を紹介!

「毎日休みがなくてきつい」

「新聞配達に明日から行きたくない」

と思うことはありませんか?

新聞配達がつらいので辞めようと思っても、すぐに辞めて良いものなのか迷ってしまいますよね。

では新聞配達はすぐに辞めても問題ないのでしょうか?

そこで今回は

記事の内容
  • 新聞配達を辞めても問題ない理由
  • 即日で新聞配達を辞める方法
  • 辞めるときのおすすめ理由5選

について詳しく解説します。

この記事を読めばつらい新聞配達をスマートに辞めることができ、つらい今の現状を脱出できるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

新聞配達を今すぐ辞めたい!

そんなときは退職代行がおすすめです。

電話やLINEで相談すればOK!

新聞配達がつらくなったら相談してみましょう。

24時間対応!まずは相談

目次

【結論】新聞配達はきついなら辞めても問題ない

新聞配達は新聞を配るだけの単純な仕事ですが、きついと感じるなら辞めても問題ありません。

仕事は人によって向き不向きがあり、向いていないならさっさとほかの仕事を探して働いたほうが効率が良いからです。

下記のような人は新聞配達に向いてないので、新販売店に迷惑をかける前に決断しまししょう。

  • 単純作業を楽しめない
  • 早起きが苦手
  • 一人で作業するのが嫌い
  • 自分で目標設定をして頑張れない
  • 裏方で地味な作業が好きではない

上記の項目に2〜3個当てはまるなら、新聞配達を続けても辛いと感じてしまうだけです。

新聞配達は地味な仕事。
毎日同じ作業の繰り返しで、どんなに天気が悪くても、災害があろうとも新聞を届ける責任があります。

責任感をもって、楽しみながら仕事をできる人は続けるべきですが、そうじゃない人は長続きできません。

つまらない仕事を長く続けることはでないし、不配(未配)などのミスにつながってお客さんに迷惑をかけることになるので、それなら違う仕事を探したほうがいいです。

新聞配達がきついと感じているなら、我慢の限界を超えるまえに早めに対処しておいた方がいいですよ。
体調不調になったり、ストレスで精神的に病んでしまったら大変です。

もし、自分で退職すると言えない人は退職代行サービスがおすすめです。
あなたに代わって、退職の意向を会社に伝えてくれます。

退職代行にLINEかメールをするだけで即日退社も可能!
どうしてもつらい人は使ってみてください。

おすすめの退職代行

:労働組合と提携!即日退職可能
:労働問題に強い弁護士が運営
:創業17年以上の老舗!実績多い

【即日退職もOK?】新聞配達を辞める3つ方法

新聞配達を辞めるためにはきちんとした手順を踏むことが大切です。
いきなり明日から「新聞配達はしません!」などと非常識なことはしないように注意しましょう。

ここでは新聞配達を辞める方法について3つ紹介します。

  1. 上司もしくは社長(所長)に直接伝える
  2. 勤するのがきつい場合は電話でもOK
  3. 即日辞めたいなら「退職代行」に相談

基本的にはきちんと口頭で伝えることが大切です。
しかし、状況によっては難しい場合もあるでしょう。

そのようなときの辞め方についても詳しく説明していますので、このまま読みすすめてください。

上司もしくは所長(店長)に直接伝える

新聞配達を辞めたいと思ったら、素直に上司もしくは新聞販売店の所長(店長)に伝えましょう。
業務が終わったあとなどに、上司や所長(店長)に「お話があります」といって切り出せばOKです。

一般的に新聞配達の場合は、複数の上司がいるわけではないため、直属の上司か所長(店長)になります。

改まって「お話があります」と申し出れば、上司や所長(店長)は退職だと察してくれるので、毅然とした態度で話しましょう。

出勤するのがきつい場合は電話でもOK

新聞配達は辞めたいけれど、もう出勤することがきつい場合もあるでしょう。
そのようなときは、電話で退職の意思を申し出ることもできます。

本来なら直接顔を合わせて伝えるべきですが、会社に行くこと自体が精神的に難しい場合は、無断欠勤するよりもはるかに良いからです。

新聞配達を無断欠勤すると新聞販売店やお客さんの多大な迷惑がかかってしまいます。

そのため、体力的にも精神的にも出勤することがきつい場合は、電話でも問題ないし、最悪メールでも大丈夫でしょう。

即日辞めたいなら「退職代行」に相談

新聞配達を辞めたいけれど、今すぐ辞めたいと思っているなら退職代行がおすすめです。
退職代行は退職のプロなので、あなたの相談にしっかりと乗ってくれます。

あなたの変わって退職の意向を、新聞販売店に伝えてくれるのであなた自身は何もする必要はありません。

条件があえば即日で退職することも可能です。
あしたから新聞配達に行かなくてもいいのです。

一般的に退職代行の費用も30,000円以下なのでそれほど高額な費用ではなく、転職サポートなどもついている業者が多いので相談する価値は十分にありますよ。

つらい状況をいつもまでも我慢しているのは体に悪いです。
まずは下記のどれかに相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

おすすめ退職代行

:『労働組合+弁護士監修』で安心!即日退職可能
:労働問題に強い弁護士が担当!さまざまなトラブルに対処可能!
:創業17年の歴史があり、実績はNo.!

会社の人に辞めると伝えるときの重要ポイント3つ

新聞配達を辞めるときに押さえておきたいポイントがいくつかあります。

このポイントをしっかりできるかどうかで、スムーズに辞められるかどうかの鍵となります。

具体的には以下の3つの点に注意しておきましょう。

  • 辞める意志が固いことを表す
  • 退職は1〜2ヶ月前には申し出る
  • なるべくボジティブな退職理由にする

新聞配達を辞めるときは、後ろめたい気持ちがありますが毅然とした態度で望むことが大切です。

それでは、注意すべきポイントについて整理しましょう。

辞める意思が固いことを表す

新聞配達を辞めるときは、意志が固いことを態度でわかるようにしておきましょう。

・そろそろ新聞配達を辞めようと思っています
・これ以上続けられないかもしれません
・やめようかどうか迷っている

このように曖昧な態度をとっていると、いつまでもダラダラと新聞配達を継続するはめになってしまいます。

実際に「退職します」と伝えたところで、うまく言いくるめられたり、話をきちんと聞いてくれない場合があります。

本気で新聞配達を辞めたいなら、この人は説得しても無駄だと相手に思わせる必要があるのです。

そのため、新聞配達を辞めるときは、退職の意思がはっきりしていることを相手に伝わるような態度でのぞみましょう。

退職は1〜2ヶ月前には申し出る

新聞配達を円満にやめたいなら、1〜2ヶ月前に申し出たほうが新聞販売店のとってはありがたいです。

新聞配達員は慢性的に不足しているので、配達員を募集してもすぐに見つかるわけではありません。

もし急に配達員が辞めてしまった場合は、新聞販売店の正社員が代わりに配達するか、ほかの配達員に分割して配達してもらうことになります。

周りの人に迷惑がかかるので、一般的に社会人のルールとして1〜2ヶ月くらい前に退職したいことを伝えるようにしましょう。

なるべくボジティブな退職理由にする

退職するときは、なるべくポジティブな理由にするのがよいでしょう。

ポジティブな理由の場合は、上司や所長(店長)も引き留めにくくなるからです。

例えば「資格を取るために頑張りたい」などの理由で新聞配達を辞める決意をした場合、相手も応援してくれます。

新聞配達を辞めたい場合は、たとえ「きつい」などマイナスなことが原因だったとしても、ウソでも良いからポジティブな理由に置き換えて退職するようにしましょう。

新聞配達を辞めるときのおすすめの理由5選

新聞配達を円満に辞めるときには、それなりの理由を用意しておく必要があります。

たとえマイナスな理由であったとしても、それを新聞販売店の人に伝えてはいけません。

ウソも方便で、お互いに嫌な気持ちにならないようになるべく前向きな理由にしておくとよいでしょう。

  1. 資格取得や勉強を頑張りたい
  2. 新たにやりたいことが見つかった
  3. 次の就職先が決まった
  4. 体調が良くない
  5. 親の介護で継続できない

このような理由であれば、無理に引き留められることは少ないでしょう。

ではさらに詳しく解説していきます。

資格取得や勉強を頑張りたい

上記でも触れていますが、新聞配達を辞めるときに「資格習得や勉強を頑張りたい」という理由がおすすめです。

目標に向かって頑張っている人を応援しない人はいないでしょう。

万が一「そんな事をしても無駄」「お前にできるわけがない」などと言ってくる上司や所長(店長)だったら、今すぐに退職するべきです。ブラックな会社である可能性が高いので、あなたにとってよいことは1つもありません。

新聞配達を円満に辞めるなら資格のために頑張りたいと伝えるのが効果的でしょう。

新たにやりたいことが見つかった

自分のやりたいことが見つかったと伝えるものおすすめです。

本気でやりたいことが見つかったのであれば、それをやらせてあげたいと考える上司や経営者が多いからです。

新しい目標に向かって頑張っている人を応援しないひとはいません。

そのため、新聞配達をやめるときにやりたいことが見つかったので、そちらに専念しますと伝えれば問題ないでしょう。

新しい就職先が決まった

新しい就職先が見つかったという理由で退職するのもよいです。

新聞配達のみやっている人、Wワークとしてやっている人、両方に使える理由です。

新しい就職先が見つかったので、ライフスタイルが変わったので継続するのが難しいと伝えれば大丈夫です。

・勤務先の職場が遠いので朝の通勤の時間に間に合わない
・集中力がいる仕事なので、寝不足できない
・勤務時間がかぶってしまう

このような理由にしてしまえばよいのです。

新しい職場が見つかったことにすれば、すんなり会社を辞められます。

体調が良くない

体調が良くないことを理由に新聞配達をやめるのもよいでしょう。

体に無理をさせてまで、新聞配達を続けて欲しいという経営者はいません。

・腰痛がひどくて重いものが持てない
・手や足をけがして満足に動けない
・持病が悪化して体調がわるい
・頭痛やめまいが悪化して医者に睡眠をとるようにいわれた。

このような理由にしておけば、角が立たないでしょう。

早めに新聞配達を辞めたいなら、病気を原因にしてしまうのがおすすめです。

親の介護で継続できない

親の病気や介護を理由にすることもできます。

万が一何かあったらこまるので、家にいてあげたいなどと伝えれば、納得してもらいやすいです。

・親の体調が悪くて食事やトイレの介助が必要
・認知症があり、早朝や深夜に徘徊されると困る

自分は新聞配達を続けたいけど、現実的に難しいというニュアンスで伝えるのがポイントです。

親の介護のほかには、子供を理由にしてしまうのもよいでしょう。

【もう辞めたい】新聞配達がきつい5つの理由

新聞配達はきつい仕事として常に上位にランクインするほど過酷な業務です。

実際に働いてみて「もう無理」「明日からできない」と思うのも無理はないでしょう。

新聞配達がきつい理由はたくさんありますが、ここではその中でも多い7つを紹介します。

  1. 休みが少ない
  2. 早起きがきつい
  3. 思ったより時給が低い
  4. 交通事故のリスクがある
  5. 早朝は真っ暗で怖い
  6. どんなに悪天天候でも関係ない
  7. 不配(未配)で怒られる

このような理由があげられます。

上記にはあげていませんが、筆者的には「犬が怖い」というのが第一位です(笑)

それでは詳しくみていきましょう。

休みが少ない

新聞配達には休みがほとんどありません。

朝刊は基本的に月に1回あるだけで、それ以外は毎日新聞は発行されています。
日曜日や祝日も関係ないのです。

しかも、新聞休刊日は基本的には月曜(もしくは、連休明けの最初の平日)なので、みんなが休みたいときに休めません。

毎日シフトで新聞配達が入っている人は、泊まりで旅行はできません。

新聞配達の仕事は休みがないのでストレスが大きいのです。

早起きがきつい

新聞配達は早起きがきついのは言うまでもありません。

朝刊の新聞配達はだいたい3時前後からスタートするため、実際に起きるのは2時半とかになるでしょう。

朝が早すぎるので、夜ふかしもできなければ、お酒も満足に飲めません。

そのため新聞配達は早起きがきつすぎて長続きしない人が多いのです。

思ったより時給が低い

新聞配達は思ったよりも時給が低いと感じている人も少なくありません。

一般的な時給相場は1000〜1300円くらいですが、新聞販売店によって時給制ではなく歩合制や固定給だったりするからです。

新聞配達のエリアや、配達の部数によって給料を決められられた場合、時間換算すると1000円以下だったということもありえるのです。

新聞配達がきついと思うのは思ったより時給が低く、割にあわないと感じるからでしょう。

交通事故のリスクがある

新聞配達は交通事故にあうリスクが高くなります。

その理由は2つあります。

・周りが暗いため、車から人が見えにくい
・早朝や深夜などはドライバーは無謀な運転をしがち

こういった理由で事故に遭遇する可能性があります。

トラックなども深夜、早朝に入っていることが多いので大変危険でリスクが高いのです。

自転車やバイクで新聞配達をする人が多いので、交通事故には十分に気をつけなければいけません。

早朝は真っ暗で怖い

朝刊の新聞配達を早朝3時前後は、まだあたりは真っ暗でとても怖いです。

冬の時期などは朝7時位まで明るくなりません。

あたりが真っ暗で人通りも少ないので、色んな恐怖にかられます。

・変質者がでてきたらどうしよう
・犯罪者や通り魔がいたら嫌だな
・けものに襲われないかな
・お化けが出てきそうで怖い

新聞配達にはいろんな「怖い」があるのです。

どんなに悪天天候でも関係ない

新聞配達には天気はまったく関係ありません。

新聞販売店や配達員は、新聞が発行されたら読者に届ける責務があるからです。

・史上最大の台風がやってきた
・観測史上初の大雪を観測した
・ゲリラ豪雨で雷も鳴っている

このような事態になっても、状況をみながら新聞は届けないといけないのです。

避難するしないは各販売店の所長(店長)の判断になりますが、少しくらいの悪天候であれば通常通りに新聞配達をしなければならないでしょう。

不配(未配)で怒られる

新聞配達で不配(未配)をしたら、所長(店長)やお客さんから当然怒られます。

お客さんから毎月新聞代を頂いているのに、新聞を配らないので当然ですよね。

1回や2回のミスであれば、所長(店長)もあまりガミガミ言わないでしょうが、毎日続くと流石に起こります。

ひどいときには、給料から天引きされることもあるので注意が必要なのです。

新聞配達がきつくてもバックレはダメ!

新聞配達を即日で今すぐ辞めたいと思っても、バックレるのだけは絶対にやめましょう。

バックレ(無断欠勤)すると、あなたにデメリットしかありません。

  • 社会的に信用を失う
  • 上司や所長(店長)から何度も電話が来る
  • 親に電話がいく
  • 警察に捜索願を出される

新聞配達を辞められたとしても、あとのダメージが相当残ります。

必ず、新聞配達を辞めたいと会社の人に伝えるか、どうしても無理なら「退職代行」にお願いしましょう。

退職代行はプロなので、スムーズに退職できるようにお手伝いしてくれます。

新聞配達を辞めると決めたらすべき5つの行動

新聞配達を一生懸命頑張ろうと思ったけど、これ以上は続けられないと思ったら行動に移しましょう。

次に進むためのステップなので慌てないように注意するべきです。

辞めると決めたら以下のような事はやって起きましょう。

  1. 自分の意思を固める
  2. 気の知れた家族や友人に相談する
  3. アルバイト・パートは情報サイトで確認
  4. 正社員になるなら転職エージェントに相談
  5. 「辞める」と言えない人は退職代行に相談

新聞配達を辞めるときは引き留めにあうかもしれません。

そうなったときにもぶれないように、ある程度今後の予定を決めておく必要があるのです。

それでは、さらに詳しく説明していきます。

自分の意思を固める

新聞配達を辞めると決めたら、まずは自分の意思を固めましょう。

上記でも触れていますが、意思が弱いと所長(店長)にうまく言いくるめられてしまうからです。

・なぜ新聞配達を辞めたいのか?
・いつまでに辞めるのか?
・辞めたあとはどうするのか?
・本当に辞めても問題ないのか?

このように、事前にしっかりと自分自身に問いかけておきましょう。

しっかり答えられるようになっていれば、どんな引き留めにあってもはっきりと答えられます。

気の知れた知人や家族に相談する

新聞配達を辞めようと考えたときは、気の知れた知人や家族に相談してみるのもよいでしょう。

相談することで、あなたが考えもつかなかったアドバイスをもらえる可能性もあります。

・新聞配達はこうやってやればうまくできるよ
・ほかにもっと良い求人の仕事をみつけたよ
・時給の交渉をしてみたら?

誰かに相談することで、気持ちも楽になりより良い方向に進める助言を得られます。

新聞配達をやめるかどうか悩んでる時期は、知人や家族に相談しておきましょう。

アルバイト・パートは情報サイトで確認

新聞配達を辞める気持ちが芽生えているなら、アルバイトやパートの情報サイトで常に最新情報をチェックしておきましょう。

良い仕事に就職できるのは、タイミングと運の要素が強いからです。

運はどうにもなりませんが、タイミングは自分で調節が可能です。常に新しい情報をチェックして見つけたらすぐにアクションを起こせるようにするのがポイントです。

インディードのように会員登録しなくても見れる情報サイトもありますが、本気で仕事をさがすなら非公開情報も載っている会員制のサイトがおすすめです。

・一般公開していない優良案件がある
・高時給のものがある
・情報が新しい

このように、会員登録しておくサイトのほうがメリットが多いのです。

これから条件の良いアルバイトやパートを見つけたいなら、1〜2個は情報サイトに会員登録しておきましょう。

正社員になるなら転職エージェントに相談

新聞配達をやめて、正社員として就職したいなら転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントに相談すれば、あなたの能力や希望に応じた会社を無料で紹介してくれるからです。

初回の面談などでヒアリングをしっかりしてくれるので、ミスマッチは少ないでしょう。

あなたの意外な長所を発見し、おすすめの会社を紹介してくれる場合もあるのです。面接のサポートや履歴書の書き方なども丁寧に教えてくれるので、デメリットはありません。

辞めると言えない人は退職代行に相談

新聞配達を辞めると新聞販売店に言えない人は、退職代行を使ってみるとよいでしょう。

退職代行ならあなたにかわって退職の意向を伝えてくれます。

あなたは出勤するする必要もなければ、新聞販売店に電話をする必要もないのです。家にいるだけで退職手続きが完了します。

3万円以下とリーズナブルな価格でお願いできるので、新聞配達を辞められなくて困っているなら退職代行に一度相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ:新聞配達はきついと感じるなら無理は禁物!即日でも辞められる

新聞配達はとても大事な仕事です。

配達員がいなければ、世の中に新聞を配ることができません。

プライドを持って楽しく働ければよいのですが、勤務状況が過酷なのできついと感じる人は多いでしょう。

今回の記事をまとめると以下のようになります。

記事のまとめ
  1. 新聞配達はきついと感じるなら辞めてもOK
  2. 辞めるときは意思を固めてハッキリ伝える
  3. 辞めるときはなるべく前向きな理由で
  4. 転職、退職のときはプロに相談するのが確実

新聞配達は素晴らしい仕事だと思います。

しかし、割にあわないと感じたり、自分に向いていないと感じる人も多いのは事実です。

自分に合わない仕事をやり続けるほど苦しいものは無いでしょう。
楽しい人生を送るためには、我慢する必要はありません。

あなたに合った仕事が必ずあるので、一歩踏み出す勇気も必要なのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

実家は新聞販売店。中学時代から部活もやらずに朝刊と夕刊の新聞配達のお手伝いをして過ごしていました。新聞配達の「楽しさ」や「つらさ」を存分に味わってきました。新聞配達で悩んでいる人のために役に立つ情報発信しています。

目次