新聞配達を楽しいと感じる人はやばい!?向いている人の6つの特徴も紹介

「新聞配達ってきつそうな仕事だけど実際はどうなの?」

「新聞配達の何が楽しい?」

と思うことはありませんか?

新聞配達に興味があるけど、仕事は楽しいの気になりますよね。

では、新聞配達の仕事でやりがいを感じたり、楽しいと感じる瞬間やどんなものがあるのでしょうか?

そこで今回は

記事の内容
  • 新聞配達で楽しいと感じる5つの瞬間
  • 新聞配達の基本的な業務内容
  • 新聞配達で身につくスキル

について詳しく解説します。

この記事を読めば新聞配達をする楽しさやメリットについてわかり、自分のスキルアップにつながるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

新聞配達が楽しいと感じる5つの瞬間

新聞配達をやっていて楽しいと思えるときが結構あります。

早起きできついイメージが先行しますが、やりがいは結構あるのです。

たくみ

僕が楽しいと感じたのは5つあります!

  1. ポストに一発で入ったとき
  2. 最速のスピードで終わったとき
  3. 不配(未配)せずに完璧に配れたとき
  4. 給料でほかのことができる
  5. 早起きして日の出が見れたとき

新聞配達をしていて楽しいと思えることがあります。

それでは、詳しくみていきましょう。

ポストに一発で入ったとき

新聞をポストに入れるときに、一発でスポッと入ったときに快感を感じます。

意外に新聞をポストに入れるときは、角がグニャっと曲がってしまったり、引っかかってうまく入らなかったりするのです。

たくみ

コツを掴むと一発でポストに入れられますよ!

スムーズに新聞が入るとサクサク配達できるので、新聞配達が楽しくなります。

最速のスピードで終わったとき

新聞配達を自己最速のスピードで終わると、とても楽しいと感じます。

自分の限界を超えたときの達成感があるからです。

新聞配達は毎日同じルーチンで単純作業ですが、試行錯誤をすることで時間を短縮できます。

毎日の積み上げの成果なので、最速にスピードで終わったときに楽しいと感じます。

不配(未配)せずに完璧に配れたとき

新聞配達をミスせずに完璧に配れたときは、楽しいと感じると同時に安心感も得られます

新聞配達を覚えたてのときは、きちんと配れたのか不安に思いますが、完璧に配れると自分に自信ががついてくるからです。

たくみ

しっかりと仕事ができたという充実感があるんです!

そのため、新聞配達でミスをしなくなってくると、楽しいと感じるのです。

給料でほかのことができる

新聞配達の醍醐味は給料でほかのことがたくさんできることでしょう。

副業として新聞配達をしているなら、娯楽や旅行をたのしむことができます。

新聞配達で得た収入は生活費とは関係ないお金なので、自由に使えます。

たくみ

僕は新聞配達のお金で趣味のカメラを買ったよ!

人生を豊かにできるという意味でも、新聞配達は楽しいと思えるでしょう。

早起きして日の出が見れたとき

新聞配達をしていると、日の出を見ることができます。

暗い時間から仕事をして、新聞配達の終わり頃に日の出を見ることができると清々しい気持ちになれます。

太陽が昇ってくるのをみると、力がみなぎって今日も1日頑張ろうと思えるのです。

たくみ

太陽のエネルギーって自分にも影響があります。

日の出を見たときは、新聞配達をやってて良かったと思えるでしょう。

【基本】新聞配達の仕事内容をわかりやすく紹介

新聞配達のことがよくわからない、もっと知りたいという方もいますよね。

ここでは新聞配達の仕事内容について、よく知らない方のためにわかりやすく解説します。

  1. 新聞配達の実際の業務内容
  2. 新聞配達の給与事情
  3. 朝刊と夕刊がある
  4. 新聞配達の勤務時間

それぞれ気になっている項目があれば参考にしてください。

それでは詳しく説明します。

新聞配達の業務内容

新聞配達に興味はあるけど詳しく知らないという方もおおいでしょう。

そこで、ここでは新聞配達の仕事内容について簡単に紹介します。

大まかに2つの工程から成り立っています。

折り込み広告(チラシ)を入れる

新聞配達に向かう前に、折り込み広告(チラシ)を入れる作業をします。

基本的には、自分が配る部数の分だけ当日の新聞(朝刊)にチラシを入れていきます。
配達エリアにもよりますが、100〜300部くらいでしょう。

チラシは新聞にセット(束)で入れられるように準備されているので、それを1セットずつ挟めていきます。

たくみ

チラシはさっさと入れて新聞配達に出かけよう!

ここでは、スピードと正確性が求められます。

配達エリアの新聞を配る

チラシを入れ終わったら、新聞を配りに行きます。

チラシが入った新聞の束を自転車や車に積み込み、購読者のポストに入れていきます。

いっぺんに新聞を積み込めない場合は、小分けにして何度か新聞販売店に取りに戻る必要があります。
その際に、配達ルートに無駄がないように考える必要があります。

たくみ

自分なりの最善ルートをつくる楽しみもあるよ。

新聞配達するときは、地図や順路帳といったものがあるので初心者でも問題ありません。

新聞配達の給料は悪くない

新聞配達の給料はそれほど安くはありません。

一般的に新聞配達の時給の相場は1000円〜1400円くらいなのです。

新聞販売店によってバラツキがあり、場所によっては時給ではなく歩合制の場合があります。

歩合制の場合は配達エリアと部数によって終わる時間が変わります。

たくみ

早く終わらせられれば、時給換算すると上がりますよ。

新聞配達には朝刊と夕刊がある

新聞配達は早朝のイメージがありますが、夕刊というのもあります。

朝刊は基本的に土日・祝日も発行されるので休みはありません。

しかし夕刊は日曜日はお休みなのです。

たくみ

「日曜日は休みたい」という人は夕刊だけの配達もいいですよ!

平日の夕方頃に時間がとれるなら、夕刊の配達も検討してみましょう。

朝刊と違って購読者が少ないので部数は少ないですが、配達エリアが広くなる可能性があります。

新聞配達の勤務時間

新聞配達の勤務時間は長くないので、短時間だけ働きたい方におすすめです。

・朝刊:午前3時〜4時に出勤
・夕刊:午後3時〜4時に出勤

配達部数にもよりますが、だいたい1時間〜2時間程度で配達は完了します。

出勤から帰宅まで3時間位あれば一連の作業は終わるでしょう。

新聞配達に向いている人の6つの特徴

新聞配達は作業自体は誰でもできる仕事ですが、実際に向き不向きが存在します。

自分の特徴を知っておけば、新聞配達がさらにに楽しいと思えるようになるでしょう。

逆に、向いていない人は無理して続けることになってしまうので早めの対処が必要です。

たくみ

新聞配達に向いている人はこんな人だよ!

  1. コツコツ作業できる人
  2. 我慢強い人
  3. 一人で作業するのが好きな人
  4. 時間をしっかり守れる人
  5. 責任感が強い人
  6. 健康的になりたい人

上記の項目で、該当するものが多ければ多いほど新聞配達に向いていると言えます。

では、ひとつずつ確認していきましょう。

コツコツ作業できる人

新聞配達はコツコツと地道な作業をしている人に向いています。

毎日、同じ作業の繰り返しなので飽きっぽい人には向いていません。

1軒1軒ポストに新聞を入れていくので、慣れてくると退屈に感じてしまう可能性もあります。

新聞配達をするなら、地道にコツコツと作業するのが苦じゃない人がおすすめです。

我慢強い人

新聞配達をするには、我慢強さ(忍耐力)はとても大切です。

新聞配達は作業は簡単ですが、労働環境が過酷だからです。

・悪天候でも勤務
・早朝に業務
・休みがない(少ない)
・自転車で体力的にきつい

このように、新聞配達は厳しい状況でも頑張らないといけないのです。

早起きするために前日は夜ふかしなどもできず、早く寝ないといけないのもつらいと感じるでしょう。

我慢強い人は、上記のことでも継続できるので新聞配達に向いています。

一人で作業するのが好きな人

新聞配達は、人と喋らずに一人で作業するのが好きな人に向いています。

基本的に新聞配達にでてしまえば、誰にも会うことはありません。

自分のペースで好きなように仕事ができるため、遅く配達しようがが早くしようがが関係ないのです。

誰にも文句を言われないので、一人で仕事をしたい人は新聞配達ならストレスなく仕事ができます。

時間をしっかり守れる人

新聞配達は時間をしっかり守れる人じゃないといけません。

朝は早いので、寝坊は許されないし、ある程度決まった時刻に新聞を届けないとクレームになるからです。

いつも朝5時に届けているお宅に5時半に新聞を入れると「今日は新聞が入っていないんですけど〜」とお客さんから不配(未配)の連絡が来る場合があるのです。

新聞の購読者は毎朝同じ時間に新聞を読む習慣ができている人がいるので、ちょっとでも時間に遅れるとクレームに発展してしまします。

責任感が強い人

新聞配達をするなら責任感が必要です。

単純作業でも「新聞」という大事な商品をお客様のもとに届ける責務があるからです。

”たかが新聞”と思うかもしれませんが、新聞が届いたときに汚れていたり、クシャクシャに折れ曲がっていたら嫌ですよね。

たとえ悪天候だったとしても、新聞という商品を届けるという責任感は大切なのです。

健康的になりたい人

新聞配達は健康に気を使っている、もしくは健康になりたい人におすすめです。

理由はいくつかあります。

・早寝早起きの習慣が身につく
・前日に深酒しなくなる
・運動不足の解消になる

新聞配達は健康に良い条件をすべて満たしているのです。

健康的なアルバイトをしたいなら、新聞配達はかなりよいでしょう。

新聞配達の向いていない人の3つ特徴

新聞配達に向いていない人の特徴も知っておくといいでしょう。

向いていないなら、無理すると体に負担がかかるので、ほかの仕事やアルバイトも選択肢にいれておくべきです。

たくみ

こんな人は新聞配達しないほうがいいよ〜

  • 生活のリズムが乱れている人
  • 単純作業が嫌いな人
  • 休みがたくさん欲しい人

上記の項目に当てはまっている人も結構いるでしょう。

はっきりいうと、新聞配達に向いていません。

周りに迷惑がかかるので、新聞配達は辞めた方がいいです。

では、深堀りしてきます。

生活のリズムが乱れている人

新聞配達に向いていない人は生活のリズムが乱れている人です。

早寝早起きの習慣がない人は、朝3時に起きることはできません。

日によって早く寝たり、遅くまで起きたりしている人は間違いなく寝坊します。

不規則でだらしない生活をしている人は新聞配達に向いていませんが、悪い習慣を直したいと考えているなら挑戦してみてもいいでしょう。

単純作業が嫌いな人

新聞配達は毎日が単純作業です。

同じことの繰り返しなので、基本的に新しいことや刺激的なことはありません。

たくみ

飽きっぽい人は新聞配達に向いてないです…。

チャレンジ精神が強い人や、刺激的な仕事を求めている人には新聞配達は向いていません。

休みがたくさん欲しい人

休みがたくさん欲しい人は新聞配達には向いていないでしょう。

新聞は基本的に月に1回しか新聞休刊日はありません。
基本的に毎日仕事をするので、土日・祝日も仕事があるのです。

新聞販売店によっては、配達員をたくさん雇ってシフト制をしいている場合がありますが、あまり期待してはいけません。

たくみ

病気で休みがちの人や、旅行が好きな人は無理かも!?

連休など長期の休みはほぼ取れないので、たくさん休みを欲しい人は向かない仕事です。

新聞配達で身につく3つのスキル

新聞配達は単純作業だから誰でもできると思われがちですが、実はものすごいスキルが身につきます。

1年間でも新聞配達を経験したら、実社会でとても役に立つことばかりです。

普段の生活ではすぐに身につくスキルではないので、新聞配達のスゴさがわかります。

たくみ

自分の新聞配達のおかげで人間的に成長できたよ!

  • 忍耐力が向上する
  • 早く正確な作業ができるようになる
  • 気配りができるようになる

新聞配達は過酷な仕事だからこそ、身につくスキルも一級品。

社会では人間的な部分でほかの人よりも一歩リードできるのは間違いありません。

では、どんなスキルが身につくのか確認しましょう。

忍耐力が向上する

新聞配達をすると100%間違いなく忍耐力が身につきます。

毎日早起きして、雨の日でも風の日でも頑張り続けるので忍耐力がつかないわけがありません。

忍耐力をもっていれば、今後人生でつらいときがあったときでも乗り越えることができます。

新聞配達はきつい仕事ではありますが、我慢強さや辛抱強さといったスキルを手に入れられるのです。

早く正確な作業ができるようになる

新聞配達をすると早くて正確な作業ができるようになります。

新聞配達はある程度決められた時間内に配達を終わらせる必要があり、配達ミスも許されません。

また新聞に折り込み広告(チラシ)を挟める作業のときも、1枚ずつ確実にいれる正確さも必要なのです。

新聞配達をしていると、気が付かないうちに早くて正確な作業が得意になります。

気配りができるようになる

意外に思われるかもしれませんが、新聞配達をすると気配りができるようになります。

新聞をポストに入れるときに、濡れたり折れたりしないように読む人のことを考えながら配達するからです。

そのほかに色々な対応しなければいけません。

・ポストの奥まで新聞を入れる
・新聞を家の中に完全に落とす

家によって新聞の入れ方は色々ですが、雨が降った日とか風が強い日など状況によって変える必要があるのです。

新聞の読み手のことを考えて新聞配達ができるようになるので、気配り上手になれます。

新聞配達をさらに楽しくするために必要なポイント

新聞配達をすでに楽しんでいる人も、そうでない人もさらに面白くなるヒントをお伝えします。

たくみ

こんな事に意識してみよう!

  • 複数の配達エリアを任せてもらう
  • タイムアタックで限界に挑戦
  • 仕事が終わったあとのご褒美

何気ない毎日でも、ちょっと気持ちの持ちかたを変えると劇的に変化します。

では、下記でもっと詳しく説明します。

複数のエリアを任せてもらう

新聞配達は複数のエリアを覚えて任せてもらえると楽しいです。

色んなエリアを覚えると、自分の好きな配達エリア、嫌いなエリアが見えてきます。

新聞配達の何が嫌いなのかも、把握できるようになるのです。

・集合住宅の階段が嫌い
・坂道が多いエリアがダメ
・蜘蛛の巣がキモい
・犬のいる一戸建て

このような感じで、自分の苦手な部分が見えてきます。

ほかの配達エリアをためして見ると「楽じゃん」と思えるところが出てきます。

たくみ

実は新聞販売店にもメリットがあります!

複数の配達エリアを覚えている新聞配達員はとても貴重な存在です。

ピンチヒッターとして活躍できるのは間違いありません。

時給の交渉にも役に立つので、余裕があれば複数の配達エリアを任せてもらえるように相談してみましょう。

タイムアタックで自分の限界に挑戦

新聞配達で毎日タイムアタックに挑戦するとゲーム感覚で楽しいです。

配達時間を1分でも5分でも縮められれば達成感がわいてくるからです。

少しでも時間を短縮でききるように、色々考えるので頭も使います。

・どのルートで配ると最短か
・新聞の入れかたの攻略
・自転車や車の停める位置

このように、試行錯誤をしてギリギリを攻め続けるのが楽しくなるのです。

タイムアタックすることで自分自身のチェレンジ精神もきたえられ、自分で考えて行動する力もついてくるのです。

新聞配達が終わったあとに缶ジュースのご褒美

新聞配達が終わったあとのご褒美を用意しておくと楽しさが増します。

最後に楽しみを残しておくと、それまでのつらいことを我慢できるし、終わったあとの喜びも倍増します。

・終わったら缶ジュースを飲みながら帰る
・コンビニでアイスやスイーツを買う
・家に帰ってビールを飲む

このような感じで自分にご褒美をあたえましょう。

早朝に起きてひと仕事したあとのご褒美は格別なのです。

寒い日の配達終わりに、あったかい缶コーヒーや缶のコーンポタージュなどは最高に美味しいでしょう。

まとめ:新聞配達を楽しいと思える人は超やばい!将来どんな仕事でも頑張れる!

新聞配達を楽しいと思えたらすごいことです。

人間的な部分で相当なポテンシャルをもっている証拠です。

記事のまとめ

・新聞配達は楽しい瞬間がある
・楽しめる人はスキルが高い
・新聞配達を頑張れれば社会で評価されやすい

過酷な仕事に耐えられるほどの忍耐力があれば、今後どんなに厳しい職場に就職してもやっていけるのは間違いありません。

新聞配達を楽しめなら、今後の人生も楽しく過ごしていけるでしょう。

このまま新聞配達を楽しんでもいいし、キャリアアップのために違う仕事でもっと上を目指してみるものおすすめですよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

実家は新聞販売店。中学時代から部活もやらずに朝刊と夕刊の新聞配達のお手伝いをして過ごしていました。新聞配達の「楽しさ」や「つらさ」を存分に味わってきました。新聞配達で悩んでいる人のために役に立つ情報発信しています。

目次