新聞配達で痛恨のミス!不配(未配)をなくす5つの方法

「新聞配達でミスで怒られたくない」

「不配(未配)をなくして褒められたい」

と思うことはありませんか?

一生懸命に新聞配達をしているけど、不配(未配)になってしまい販売店や購読者に怒られて困ってしまいますよね。

では新聞配達で不配(未配)をなくす方法には、どんなものがあるのでしょうか?

そこで今回は

記事の内容
  • 新聞配達の不配(未配)をなくす5つの方法
  • 不配(未配)になる原因
  • ミスしてしまったときの対処法

について詳しく解説します。

この記事を読めば新聞配達の意識が変わり、必ず完璧に仕事をこすことができるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

✓新聞配達と掛け持ちできます

コールシェアなら自宅で空いた時間に高収入を得ることができます。
外出しなくてもいいので、とっても楽ちん♪

スマホ1台あれば、誰でも簡単に始められます。
下記のボタンから公式サイトをチェックしてみてくださいね。

スキル不要!急な休みもOK /

完全無料!Wワークに最適

目次

不配(未配)が起きる5つ理由

新聞配達を一生懸命やっているけど、なぜか1枚あまってしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

完璧に新聞を配達したはずなのに、不配(未配)があるとヘコんでしまいますよね。

ここでは、不配(未配)が起きる5つの原因について紹介します。

  1. 新聞配達をまだ始めたばかり
  2. 順路帳(地図)が頭に入っていない
  3. 睡眠不足で頭がぼーっとしている
  4. 思い込みが強い
  5. プロ意識が足りない

このような原因が挙げられます。

しかしちょっと気をつけるだけで、かなりミスを減らせる可能性が高いのです。

それではひとつずつ具体的に見ていきましょう。

1.新聞配達をまだ始めたばかり

新聞配達を始めたばかりの人は、不配(未配)が多くても仕方ありません。

そもそも新聞配達は未経験からのスタートなので勝手がわからないし、土地勘や住宅の特徴がわからないからです。

新聞配達の作法や購読者の家を完璧に覚えるまでには1ヶ月はかかります。

新聞配達を始めたばかりころは、覚えることがたくさんあるので不配(未配)は多くなりがちです。

2.順路帳(地図)が頭に入っていない

配達エリアの順路帳や地図が頭に入っていないと不配(未配)を起こします。

順路帳や地図が頭に入っていないと、いつもと違うルートで配達してしまったりするためミスを起こしやすくなるのです。

配達ルートが微妙に違ってしまうと、過去の配達の記憶が重なってしまい「この家はもう配達した」と認識してしまいます。

そうならないためにも、しっかりと順路帳や地図を頭に入れておく必要があるのです。

3.睡眠不足で頭がぼーっとしている

睡眠不足は新聞配達の不配(未配)に繋がります。

早起きのせいで頭がまだ寝ている状態なので、仕事に集中できていないのです。

新聞配達は早朝2〜3時から仕事をすることが多いので、睡眠不足になりがちでしょう。

早寝早起きを意識して、睡眠不足にならないように注意しましょう。

4.思い込みが強い

思い込みが強いと、不配(未配)を起こす可能性が高いです。

自分の思い込みが強いと、確認を十分にしないまま適当に配達してしまうからです。

・本当は入れていないのにこのポストには入れたはず
・このおうちは新聞が止まっているだろう

このようにきちんと確認しないで配達してしまうことがありますよね。

不配(未配)があるときは大抵が迷ったときなのです。

思い込みはよくないので迷ったら、しっかりと確認するようにしましょう。

5.プロ意識が足りない

新聞配達としてのプロ意識が足りないと、不配(未配)を起こしてしまいがちです。

プライドをもって仕事をしなければ、当然仕事のやり方も雑になってしまいます。

新聞配達は「毎朝、定時に購読者のもとへ新聞を届ける立派な仕事」なので誰でもできる仕事ではありません。

・体調が悪い
・台風などの悪天候
・家庭の事情

このようなことは、購読者には関係ありません。

購読者は新聞が届くのを毎日楽しみにしているため、彼らを喜ばせるためにはプロ意識をもって、新聞配達をする必要があるのです。

不配(未配)なくす方法

一生懸命に新聞配達を頑張っても、不配(未配)は起こってしまいます。

どんなにベテランでも、ときどき不敗(未配)をしてしまうものです。

不敗(未配)はちょっとした工夫で減らすことができるので、確認しておきましょう。

  1. 順路帳(地図)を頭に叩き込む
  2. 塊ごとの部数でチェック
  3. 新聞の種類を色分けする
  4. 新聞配達に集中する
  5. スマホを利用する

おもに上記の5つに注意すれば、かなりミスは減らせます。

最近では、便利なアプリなどもあるので併用してみるものよいでしょう。

それでは、それぞれを確認していきます。

1.順路帳(地図)を頭に叩き込む

新聞配達の不敗(未配)をなくすためには、順路帳(地図)を頭に叩き込むのがもっとも効果的です。

基本的なことですが、新聞を購入しているお宅と配達ルートがわからないと新聞配達そのものができません。

順路帳や地図がなくても、購読者の家のポストを頭の中でイメージできれば完璧です。

・新聞配達に出発する前に順路帳や地図を確認する
・スキマ時間に順路帳を眺めておく
・実際に配るルートを常にイメージしておく

このような事を普段からしておくと、頭の中に定着しやすいです。

3月〜4月に引っ越しシーズンなど、新聞購読者の増減は常にあるので日々アップデートが必要です。

新規のお宅への入れ忘れや、購読中止の家に誤配してしまうなどのトラブルを回避するためにも、順路帳や地図は常にチェックしておきましょう。

2.塊ごとの部数でチェック

新聞配達の不配(未配)をなくすために、配達エリアをブロックごとに分けて部数チェックするのがおすすめです。

自分の配達エリアをいくつかの区画にわけて、部数を確認しその数だけ新聞を持っていけば、万が一合わなくなったときに不配(未配)の家を特定しやすくなります。

マンションが多いエリア、戸建ての住宅が多い場所など、自分なりにわかりやすく整理するのがポイントです。

一区画の塊も多すぎると意味が無いので、20〜30部くらいを目安に3〜4ブロックに分けるとよいでしょう。

3.新聞の種類を色分けする

新聞配達のエリアの地図を用意して、新聞の種類を蛍光ペンなどで色分けしておくとわかりやすいです。

色分けしておくと、配達中に確認した際にパット見て一目瞭然なので作業効率もよいです。

黄色やピンク、青などそれぞれのマーカーに各種の新聞を割り当てれば、間違いが少なくなります。

4.新聞配達に集中する

新聞配達の不配(未配)を減らすために、新聞配達に集中しましょう。

早朝の仕事なので眠いかもしれませんが、新聞配達も立派な仕事です。

どんな仕事でも集中しないと、ミスを起こしてトラブルの原因になってしまいます。

新聞を楽しみに待っている購読者のことをイメージしながら、プロ意識をもって新聞配達をするように心がけましょう。

5.スマホを利用する

新聞配達の不配(未配)を減らすのに、最近では便利なアプリなども登場しています。

順路帳アプリやグーグルマップなど利用してGPSの位置記録をとっておくと、あとから確認しやすいです。

順路帳アプリなどの配達専門のアプリを使用すれば、

不配(未配)が起きてしまったときの対処法

新聞配達を一生懸命に頑張っても不配(未配)は起きてしまいます。

人間はどんなに注意してもミスやエラーを起こす生き物だからです。

実際に不配(未配)を起こしてしまったら場合のことも想定して起きましょう。

具体的には以下の2つのことが大切です。

  • しっかり謝罪する
  • 不配(未配)を起こしてしまった原因を考える

同じミスをおこなさないためには、最低限のこ2つはしっかり対応しましょう。

新聞配達に限らずビジネスでは必ず必要となってくるので、ここでしっかりポイントを押さえておくとほかの仕事でも生きてきます。

それでは下記で詳しく解説します。

1.まずはしっかり謝罪する

新聞配達で不配(未配)を起こしたら、まずはしっかり謝罪するように心がけましょう。

ミスをしても自分の非を認めて真摯に対応すれば、相手側もそれ以上は怒らないからです。

ときどき言い訳ばかりでまったく謝らない人を見かけますが、これは逆効果です。

  • 新聞は入れたつもりです
  • 誰かが新聞を抜いたのでは?
  • その家は新聞は中止と聞いていたので・・・
  • 新聞が再開されたとは聞いていない

このようにミスを相手のせいにしてしまうのです。

言い訳された側は「そんなはずはない」「なんて無責任な人なんだ」と思ってしまうでしょう。

本当に自分のミスではなかったとしても、まずはしっかりと「すいません」「申し訳ございません」などと一言伝えてから、不配(未配)になった理由を説明しましょう。

2.どうして不敗(未配)になってしまったのか考える

不配(未配)などが起きてしまった場合は、その理由を深堀りして考えるように心がけましょう。

なぜミスが起こったのかを考えることによって、同じエラ−を防げ、今後のさらに質のよい仕事ができるようになるからです。

  • 配達のルートがいつもと違った
  • 新規購読者の確認を怠った
  • 寝不足が続いてぼーっとしていた
  • 寝坊をして焦っていた

原因がわかれば、それに関連する問題点も色々と浮かび上がってきます。

不配(未配)の対処法も見えてくるので、ミスをしたときはその原因を確認しましょう。

まとめ:新聞配達で不配(未配)は減らせる!プロ意識をもってやろう

新聞配達は毎朝必ずしなければいけない大変な仕事です。

毎日同じ動作をしているはずなのに、なぜか不配(未配)を起こしてしまいます。

それはあなただけではありません。しかし、もっとプロ意識をもって新聞配達をすればミスはかなり減らせるでしょう。

本記事のまとめは以下のとおりです。

  1. 新聞配達の不配(未配)は誰でもしてしまう。
  2. 新聞配達でもプライドやプロ意識をもってする
  3. ミスしたときは自分の非を認めて改善する

新聞を毎日楽しみにまっている購読者の事を考えてみましょう。

あなたが毎日何気なく配っている新聞をすごく楽しみにしています。

新聞の購読者は毎朝同じ時間に届けてくれるあなたにとても感謝しているのです。

新聞配達の不配(未配)はちょっとした意識の違いで簡単に直せるので頑張ってみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

実家は新聞販売店。中学時代から部活もやらずに朝刊と夕刊の新聞配達のお手伝いをして過ごしていました。新聞配達の「楽しさ」や「つらさ」を存分に味わってきました。新聞配達で悩んでいる人のために役に立つ情報発信しています。

目次