新聞配達にノルマはある?正社員とアルバイトの違いについて解説!

新聞配達にノルマはある?正社員とアルバイトの違いについて解説!

「新聞配達にノルマがあるって聞いたけどホント?」

「できれば苦手だから営業はやりたくない」

と思うことはありませんか?

新聞配達をしようとしても、営業ノルマなどがあるのか気になりますよね。

では実際に新聞配達には営業ノルマというのもは存在するのでしょうか?

そこで今回は

記事の内容
  • 新聞配達のノルマについて
  • 正社員とアルバイトの違い
  • ノルマ以外に新聞配達できつい3つのこと

について詳しく解説します。

この記事を読めば新聞配達の実情について理解でき、安心して新聞配達のアルバイトで稼げるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

✓新聞配達と掛け持ちできます

コールシェアなら自宅で空いた時間に高収入を得ることができます。
外出しなくてもいいので、とっても楽ちん♪

スマホ1台あれば、誰でも簡単に始められます。
下記のボタンから公式サイトをチェックしてみてくださいね。

スキル不要!急な休みもOK /

完全無料!Wワークに最適

目次

新聞配達のアルバイトには基本的にノルマはない

結論からいうと、新聞配達のアルバイトにはノルマはありません。

ノルマがある仕事は、基本的に正社員もしくは専属の方がやるからです。

新聞販売店でのノルマとは以下のことを指します。

・営業ノルマ:新規購読者の開拓、拡張とも呼ばれる
・集金ノルマ:新聞代を月末に回収する作業

上記のことは、基本的に正社員がやってくれます。

集金に関しては、集金専門のアルバイトを別に雇ったりする場合が多いでしょう。

もちろん、新聞配達のアルバイトの人でも希望を出せば、働かせてもらえます。
そのときは、新聞配達代+歩合となるでしょう。

新聞配達のアルバイト募集で応募したときに、営業などの厳しいノルマを課せられることはまずないので安心してください。

【ノルマ発生!?】新聞販売店の正社員は結構キツイ!

新聞配達のアルバイトにはノルマはありませんが、正社員になると話は変わってきます。

新聞販売店の正社員になると、営業(拡張)や集金のノルマが発生します。

このノルマは結構きついので、新聞販売店の正社員になりたい人は確認しておきましょう。

新聞の営業(拡張)がある

新聞販売店の正社員には営業のノルマが少なからず発生します。

毎月、◯件といった具合に新規購読者の開拓をしなければいけません。

しかし、最近はネットニュースなどがあるため、若い人を中心に新聞をとってくれる人が激減しています。
そのため、新規で営業をかけてもなかなか契約してもらえないのです。

新聞の営業で何件も断られると、心が折れてしまいそうですよね。

集金の業務も発生する

月末くらいになると、新聞の集金作業があります。

新聞代は引き落としやカード払いにしてくれているところもありますが、現金で支払いする家庭もまだまだあるのです。

すべての家庭ですんなり支払ってくれれば何も問題ありませんが、下記のようなさまざまなトラブルがつきまといます。

・訪問時間にいつもいない
・居留守を使われる
・難癖をつけて支払ってくれない
・お客さんが怖い人

ひどいときには怒鳴られたり、相手がいる時間を見計らって朝や夜遅くに伺うときもあるのです。

意外と集金業務は大変な作業なのでやりたくない人もいます。

新聞配達のアルバイトと正社員の業務の違い

新聞販売店の正社員とアルバイトの違いをわかりやすいよう表にまとめてみました。

新聞販売店の正社員はやることが多岐に渡ります。

しかし、福利厚生がしっかりしているところも多いのでメリットになるでしょう。

表を見ればわかりますが、アルバイトは新聞配達のみでOKです。

ノルマなし!新聞配達3つの良いところ

新聞配達は大変な仕事と思われていますが、慣れてしまえばそうでもありません。

ノルマがないこともそうですが、他にもメリットはいくつかあります。

  • 早寝早起きで健康的になれる
  • 副収入で生活が楽になる
  • 忍耐力・根性などが身につく
  • 就職活動に有利

新聞配達は意外と良いことが多いのです。

それでは、詳しくみていきましょう。

早寝早起きで健康的になれる

新聞配達をすると必然的に早寝早起きの習慣が身につきます。

朝の勤務はだいたい3時〜6時なので、起床時刻は3時前後となることが多く、そのために前日の夜は早めに就寝しなければいけません。

そもそも、夜ふかしをするような人は新聞配達に向いていないでしょう。

新聞配達をはじめるだけで、健康的な生活スタイルを手に入れることができるのです。

副収入で生活が楽になる

新聞配達をのアルバイトをすると、副収入で月に数万円稼げます。

新聞配達の部数や配達エリアにもよりますが、月に5万円〜10万円くらいは安定して稼げます。

このくらいの金額があれば、生活はかなり楽になりますよね。

・欲しい車を購入する
・家賃や住宅ローンの返済に当てる
・趣味のゴルフや飲み会に行く
・資産運用にすべてまわす

使いみちは山ほどあります。

キツキツの生活をしていた人にとっては、かなりの余裕が生まれてきます。

1日たったの2〜3時間の作業で月10万円はかなり大きとは思いませんか?

忍耐力・根性などが身につく

新聞配達をすると、必ず忍耐力と根性が身につきます。

その理由は、毎日同じ時間・同じ作業、そしてどんなに悪天候でも休まずに新聞を配らなくてはいけないからです。

休みたくても休めないのが新聞配達。

どんなにつらくても、自分で自分を励ましていかないと継続できない仕事なのです。

1年くらい新聞配達を続けられれば、どんなにつらい仕事にも耐えられる忍耐力は身についているでしょう。

就職活動に有利

新聞配達のアルバイトの経験があるだけで、就職活動の面接で有利になるのはご存知でしょうか。

新聞配達といえば、誰もが過酷な仕事だと知っています。
当然、面接官も同じです。

新聞配達をしていたことを話すと必ずと言っていいほど、以下のような反応をしてもらえます。

・かなり苦労してきた人なんだな
・毎日一生懸命頑張ってくれそう
・忍耐力があるに違いない
・ちょっとやそっとのことでは休まなそう

新聞配達をしていて、マイナスな要素はまったくないのです。

むしろ、就職先の担当者や面接官なども「昔やったことがあるのでその辛さがわかる!」と共感してもらえることもあります。

新聞配達の経験は就職するときにかなり役に立つでしょう。

ノルマは無くても新聞配達は正直キツイと思う3つの瞬間

新聞配達の良いところを上記で紹介しましたが、正直つらいと思うこともいくつかあります。

ここでは、代表的なものを3つ紹介します。

  • 早起きはつらい
  • 大雨が降っても関係ない
  • 休みが極端に少ない

ノルマがなくても細かいことを言えば、まだまだたくさんあります。

しかし、多くの人が上記の3つの理由で挫折してしまうのです。

それでは、1つずつ説明していきます。

早起きはどうしてもつらい

新聞配達のために早起きするのはやっぱりつらいです。

何も予定がない日なら早く寝れば問題ないのですが、どうしても夜遅くまで起きている場合だってあるのです。

・会社の仲間や友人との飲み会
・好きなテレビ番組が放送されている
・遠くに出かけて帰りが遅くなった
・本業で会議が夜遅くまでかかった

このようなときは、前日の就寝時間が23時や0時くらいになってしまうこともあるでしょう。

それでも、朝3時前後には起きなくてはいけないのです。

大雨が降っても関係ない

新聞配達はどんなに天気が悪くても休みにならないのでつらいです。

・台風が直撃している
・猛吹雪で車が出せない
・大寒波でマイナス20℃の極寒
・ゲリラ雷雨

こんな状態でも基本的には新聞配達は休めません。

朝起きて外の天気を確認したあとに、行きたくないと思うこともかなりあります。

休みが極端に少ない

新聞配達の休みはかなり少ないので覚悟しておきましょう。

新聞は月1回(年間12回)しか新聞休刊日はありません。

しかし、新聞配達員はシフト制を組んでいることが多いので、週に1回は休めるようになっています。
それでも月に4〜6くらいしか休めないのが現状でしょう。

ちょっとした体調不良など、急な休みも基本的には許可してもらえないのもつらいところです。

そのほかに、連休をもらえることもめったにありません。
どんなに長くても2〜3日です。

身体が弱い人や、長期休暇が欲しい人は、ノルマが無くても新聞配達はつらく感じるでしょう。

まとめ:新聞配達にはノルマはないので慣れればとても楽な仕事

今回は新聞配達について紹介しました。

新聞配達のアルバイトにはノルマがありません。
そのため、営業があるかも?と不安に思っていた人は安心してください。

記事のまとめ

・新聞配達のアルバイトにはノルマはない
・正社員とアルバイトでは業務内容がかなり違う
・新聞配達の仕事は結構きつい
・新聞配達の経験は将来就職のときに役に立つ

新聞配達は決して楽な仕事ではありませんが、短時間で終わるメリットがあります。

ほかの時間を自分のために有意義に使えます。
新聞配達で稼いだお金を趣味などの当てるもの良いですね。

新聞配達は慣れればとても良い仕事なので試してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

実家は新聞販売店。中学時代から部活もやらずに朝刊と夕刊の新聞配達のお手伝いをして過ごしていました。新聞配達の「楽しさ」や「つらさ」を存分に味わってきました。新聞配達で悩んでいる人のために役に立つ情報発信しています。

目次