【急用もOK?】新聞配達を休みたいときのおすすめ理由と3つの注意点

「急用ができてしまった」

「体調が悪くて新聞配達ができない」

と思ったことはありませんか?

新聞配達に行こうとしても、体調不良や急な用事などで休みたい場合、休んでも大丈夫なのかで迷ってしまいますよね。

では新聞配達を休みたいときはどうすれば良いのでしょうか?

そこで今回は

記事の内容
  • 新聞配達を休みたいときの注意点
  • 新聞配達を休みたいときのおすすめ理由
  • 新聞配達の休みに関するQ&A

について詳しく解説します。

この記事を読めば新聞配達を休みたいときに、慌てずに対処できるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

✓新聞配達と掛け持ちできます

コールシェアなら自宅で空いた時間に高収入を得ることができます。
外出しなくてもいいので、とっても楽ちん♪

スマホ1台あれば、誰でも簡単に始められます。
下記のボタンから公式サイトをチェックしてみてくださいね。

スキル不要!急な休みもOK /

完全無料!Wワークに最適

目次

新聞配達を休みたいときは事情を話せば大丈夫!

結論からいうと、新聞配達はしっかりとした理由があれば休んでも問題ありません。

新聞販売店の所長(店長)が納得してくれれば、しっかりと休みをもらうことができます。

しかし、あまり頻繁に休むのはよくありません。
それならシフトを組んでもらう段階で毎日ではなく、週に3〜4回などと伝えておくべきでしょう。

とはいえ、急に用事ができたり、予期せぬドラブルに巻き込まれて出勤できないこともある可能性があります。

たくみ

どうしても休みたいときは、きちんと事情を伝えれば大丈夫です!

しっかりと事情を伝えれば「休んでも大丈夫」と言ってくれるので安心してください。

それでは、、新聞配達を休みたいときの注意点やおすすめの理由などを紹介していくので、気になる人はそのまま読み進めてください。

急に新聞配達を休みたいときの3つの注意点

新聞には休みがないので、急に休みをもらいたいときにどうしたらよいのか困ってしまいますよね。

ここでは、新聞配達を休みたいときの注意点を3つお伝えします。

  1. できるだけ早く伝える
  2. 当日の朝は基本的にNG
  3. 休む前と後に必ず感謝の言葉を言う

休みたいときはこれらの点を守るようにしましょう。

たとえ休んだとしても、印象が悪くなりにくいです。

それでは、1つずつ説明していきます。

できるだけ早く伝える

新聞配達を休みたいときは、1日でも1時間でも早く伝えるようにしましょう。

新聞配達を休んだら変わりの人に新聞をくばってもらわないといけないからです。

あなたの代わりに新聞配達をしてくれる人を探したり、手配するために少しでも早い方が新聞販売店もありがたいのです。

新聞配達を休みたいときは、わかった時点ですぐに連絡するようにしましょう。

当日の朝は基本的にNG

新聞配達を休むときに、その日の朝に突然休みますというのは基本的にはやめましょう。

上記でも触れていますが、あなたの代わりに新聞配達をしてくれるを確保する必要があります。

また、朝は新聞販売店の人は忙しくてバタバタしている可能性があり、連絡がうまくつかないときもあるのです。

新聞配達ができないくらい体調が悪いときなどは、なるべく前日の夜までに連絡しておくほうがよいでしょう。

休む前と後に必ず感謝の言葉を言う

新聞配達を休むときは、その前後で「ありがとうございました」と感謝の言葉を伝えるようにしましょう。

感謝の言葉をしっかりすることで、相手も不快に思わなくなるからです。

特に、休んだあとに初出勤したときの挨拶は大切です。

「昨日はお休みありがとうございました。おかげさまですっかり体調が戻りました」
「お休みありがとうございます。家族と旅行できて良かったです。」

このように感謝を伝えることで、相手もまた休ませてあげたいと思ってくれるのです。

新聞配達を休むときは、しっかりと感謝の言葉を伝えましょう。

新聞配達を休みたいときのおすすめ理由5選

新聞配達を休みたいときにいくつかおすすめの理由があります。

それなりの理由を伝えることで、休みの許可をもらえる可能性がグンとあがります。

「今日はだるいから休みます」「寝不足だから休みます」こんな理由では、あなたの信用を失ってしまうでしょう。

新聞配達を休みたいときに理由は以下の5つです。

  1. 体調を崩してしまった
  2. 怪我をして満足に体を動かせない
  3. 身内に不幸があった
  4. 家族で旅行に行く
  5. 子供の行事がある

上記のように「自分は新聞配達をしたくてもできない」と思わせられるかがポイントとなります。

それでは、具体的にみていきましょう。

体調を崩してしまった

一番オーソドックスな休みかたは、体調が悪いと素直に伝えることです。

体調不良なのに無理やり働かせる経営者はいません。

ここでポイントは3つあるので注意しましょう。

・病院を受診して薬を飲んでるがが改善しない
・医者から休むように言われた

体調不調の原因に対して、あなたがしっかりと対応していることを伝えるようにしましょう。

自己判断で「調子が悪いから休みます」だと、何度も休みもらっていると仮病と思われてしまいます。

新聞配達を休みたいときは、最善を尽くしたけど体調が改善しないので休ませてくださいと伝えるのがよいでしょう。

怪我をして満足に体を動かせない

新聞配達を休む理由として、怪我をしてしまったというのも多いです。

怪我で体が十分に動かせないと、満足に新聞配達ができません。

・腰痛で重いものが持てなくなった。
・足を怪我して歩けない。
・腕を骨折してしまった。

新聞販売店も物理的に不可能なときは、新聞配達を休ませるしかありません。

身内に不幸があった

身内の人に不幸があった場合は、新聞配達を休ませてくれるでしょう。

特に、遠方の親族だった場合は、移動するために時間がかかります。

急な対応になりかねませんが、1日や2日くらいなら休ませてくれるでしょう。

わかった時点ですぐに連絡するのが得策です。

家族で旅行にする

家族で旅行をしたいので休ませてくださいというのも問題ありません。

1泊2日で温泉旅行などをする場合だってあるでしょう。
その場合は、新聞配達を休まなければなりません。

新聞休刊日は基本的に月曜日などの平日なので週末に出かけるのは難しいと感じますが、早めに伝えれば対処してくれるでしょう。

ゴールデンウイークや年末年始といった時期は、ほかの新聞配達員も休みがちなので、上手く時期をずらしたりかなり前から連絡するようにしておきましょう。

子供の体調が悪い

結婚してお子さんがいれば、子供の体調が良くないことを理由に休んでも問題ないでしょう。

お子さんを放置してまで、無理に新聞配達をさせることはできません。

・昨日から熱が出ていて下がらない
・嘔吐や下痢が続いている
・ご飯も食べられないくらいぐったりしている

ずっと子供に付き添ってあげないと心配ですと言って、新聞配達を休みましょう。

できれば、前日の夜までには連絡しておくことをおすすめします。

新聞配達に休みに関する素朴な疑問

新聞配達についてもっと知りたい、これからはじめてみたいと思っている方はいろいろ疑問な点があるでしょう。

ここでは、新聞配達にまつわる素朴な疑問について解説します。

  • 新聞休刊日はいつ?
  • 新聞配達を休んだらどうなる?
  • 新聞配達は月に何回休める?
  • 休んだときの給料は?

新聞配達を休んだときには上記のような疑問がでてきます。

知っておくことで、休みたいときに役にたつのでここで確認しておきましょう。

新聞休刊日はいつ?

新聞休刊日がいるあるのか気になりますよね。

基本的には月1回、平日(月曜日)になることが多いです。

例えば2021年でいえば、以下の日付が新聞休刊日です。

1月2日(土曜日)
2月15日(月曜日)
3月15日(月曜日)
4月12日(月曜日)
5月6日(木曜日)
6月14日(月曜日)
7月12日(月曜日)
8月16日(月曜日)
9月13日(月曜日)
10月11日(月曜日)
11月15日(月曜日)
12月13日(月曜日)

日にちはその年によって違いますが、1月2日は毎年必ずお休みです。

5月はゴールデンウィークがあけた最初の平日がやすみになっています。

新聞配達を休んだらどうなる?

体調不良や怪我などで急に新聞配達を休んだ場合は、ほかの人が代わりに配達してくれるので心配いりません。

新聞販売店には必ず代配できる方がいるので、誰かが休んだときはサポートしてくれます。

その他には、新聞販売店に勤めている正社員も新聞配達はできるので、急に休んだとしても問題ありません。

新聞配達は月に何回休める?

新聞配達がお休みなのは基本的に新聞休刊日の月1回だけです。

しかし、シフト制をしいている販売店もあるのでその場合は月に数回お休みをもらえる場合があります。

新聞配達員を複数抱えているところは、週1回から勤務可能としているところもあります。

とはいえ、新聞配達員は常時不足ぎみなのでシフト制にできるほど人数がいない新聞販売店が多いのが現状です。

アルバイトやパートとして働くときに、交代制なのか確認しておきましょう。

休んだときの給料は?

新聞配達を休んだときの給料はそのまま減額となります。

新聞配達は基本的には時給制か歩合制で計算するからです。

時給制の場合は働く時間が減るので減額になり、歩合制の場合も一ヶ月の販売部数に関係するため給料は下がってしまいます。

まとめ:新聞配達を休みたいときは早めに連絡して休みをもらおう

新聞配達は休みがない過酷が仕事なので敬遠されがちです。

だれでも、体調不良などのトラブルに見舞われたり、旅行することはあります。

しかし、まったく休めないわけではないので安心してください。

今回の記事のまとめは以下のとおりです。

  • 新聞配達は事情を説明すれば休める
  • 新聞配達を休みたいときは早めに申し出る
  • 新聞配達を休む前後はしっかり感謝の言葉を伝える

お互いに気持ちよく仕事をするためには、相手に迷惑をかけない気持ちが大切です。

休みたいと思ったときに、快く「わかりました、休んでもいいですよ」と言ってもらえる関係性を作っておくことが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

実家は新聞販売店。中学時代から部活もやらずに朝刊と夕刊の新聞配達のお手伝いをして過ごしていました。新聞配達の「楽しさ」や「つらさ」を存分に味わってきました。新聞配達で悩んでいる人のために役に立つ情報発信しています。

目次